更新許可申請について

産業廃棄物収集運搬業許可の有効期間は5年となってますので、引き続き産業廃棄物収集運搬業を行う場合は、更新許可申請が必要となります。 
許可有効期限を過ぎた場合は、理由のいかんにかかわらず許可が失効します。
その場合新しく許可申請する必要がありますので注意してください。
※更新許可申請をするには、新規の許可の場合と同様に新規講習会または更新講習会の修了証が必要となります。
 
また、大分県・大分市の産業廃棄物収集運搬業許可を持っている場合には、大分県・大分市ともに産業廃棄物収集運搬業更新許可申請が必要です。

その他の注意事項といたしましては、許可業者の住所、氏名、名称、法人の役員、使用車両などに変更があった場合は、その変更の日から10日以内に変更届を提出しなけらばなりません。
※更新時に債務超過の状態である場合、経常損益平均値がマイナスの場合などは、長期収支計画書の作成が必要になる場合があります。

変更許可申請について

許可を受けた産業廃棄物処理業者が事業の範囲を変更しようとする時に必要となります。
具体的には、積替・保管を含まない産業廃棄物収集運搬業を営んでる業者が、新しく積替・保管ありの産業廃棄物収集運搬業を営もうとする場合、取り扱う産業廃棄物の種類を追加する場合、処分業者が新たに処分の方法を追加する場合などです。

 

※なお、変更許可申請をしたことによって、許可の期限が延長されることはありません。

変更届について

許可を受けた後に、次のような変更があった場合には、変更が生じた日から10日以内に許可を取得した自治体すべてに変更届を提出する必要があります。

 

1 氏名又は名称

2 法人の役員、100分の5以上の株主・出資者

3 住所・事務所・事業場の所在地

4 運搬車両の増車・減車など

5 車庫を変更した場合

6 取り扱う産業廃棄物の種類を減らした場合(※取り扱う産業廃棄物の種類を追加する場合は変更許可になります)