経営事項審査の審査項目について

経営事項審査の審査項目は経営規模等(X1、X2、Z、W)と経営状況(Y)となっています。

X1・・・工事種類別年間平均完成工事高
X2・・・自己資本額、利払前税引前償却前利益
Y・・・経営状況分析
Z・・・工事種類別技術職員数、工事種類別元請完成工事高
W・・・その他の審査項目(社会性等)
P・・・工事種類別の総合評定値

 

 区  分

 ウエイト

 審査項目

経営規模(X1)

 0.25

 ・工事種類別年間平均完成工事高
経営規模(X2)

 0.15

・自己資本額
・利払前税引前償却前利益
経営状況(Y)

 0.2

・純支払利息比率
・負債回転期間
・売上高経常利益率
・総資本売上総利益率
・自己資本対固定資産比率
・自己資本比率
・営業キャッシュ・フロー
・利益剰余金
技術力(Z)

 0.25

・工事種類別技術者数
・工事種類別元請完工高
その他の評価項目(W)
(社会性等)

 0.15

・労働福祉の状況
・営業年数
・防災活動への貢献の状況
・法令遵守の状況
・建設業の経理に関する状況
・研究開発の状況

 

経営状況(Y)→民間の登録経営状況分析機関に申請します。

経営規模等(X1、X2、Z、W)→建設業の許可行政庁が審査を行い、(Y)とあわせて総合評定地(P)を算出します。

総合評定値(P)

(P)= 0.25(X1)+ 0.15(X2)+ 0.2(Y)+ 0.25(Z)+ 0.15(W)

総合評定値通知書を取得した後は、公共工事の受注に参加するための入札参加資格申請をします。