合同会社設立について

費用をできるだけ安く抑え最も安く会社を設立したい方、少人数で起業をお考えの方、節税対策をお考えの方には合同会社の設立がお勧めです。

合同会社(LLC)とは?

合同会社とは、新会社法のもとで設立が可能になった会社組織の新形態です。
出資者が有限責任(会社へ出資した額についてのみ責任を負う)という株式会社に近い形になっています。
合同会社は他の人的会社とは異なり、出資者は出資額以上の責任を負わないという株式会社と有限会社の長所を取り入れた新会社組織です。

 

株式会社設立の場合は、設立登記申請の際に登録免許税が15万円、公証役場で定款を認証する際に5万円の手数料がかかるのに対して、合同会社設立の場合は登録免許税が6万円で、定款の認証が不要なので、設立にかかるコストを大幅に抑えることができます。
また、当事務所に合同会社の設立を依頼したならば、会社設立に必要な定款を電子定款という特殊な方法で作成するため、紙で定款を作った場合に貼る4万円の印紙代を削減できます。

合同会社設立費用について

当事務所は会社の定款を電子定款という特殊な方法で作成するため、紙で定款を作成した場合に貼る4万円の収入印紙代を削減できます。

種   類 

自分で会社を設立した場合 

当事務所に依頼した場合 

収入印紙代 

4万円 

0円 

登録免許税 

 6万円

会社設立代行費用

0円 

10万5千円〜 

合計金額 

 10万円

 16万5千円〜