人材派遣事業(労働者派遣事業)について

人材派遣事業(労働者派遣事業)とは、派遣元事業主が雇用する労働者を、派遣先の指揮命令を受けて派遣先のために労働に従事させることを業として行うことをいいます。

人材派遣事業(労働者派遣事業)には一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業の2種類があります。
一般労働者派遣事業を行う場合→厚生労働大臣の許可
特定労働者派遣事業を行う場合→厚生労働大臣に届出

なお、一般労働者派遣事業許可の有効期間は、最初の許可を受けてから3年、それ以降は5年毎の更新になっております。

一般労働者派遣事業
特定労働者派遣事業以外の労働者派遣事業。
登録スタッフや臨時・日雇の労働者などをを派遣する場合です。

特定労働者派遣事業
常用雇用労働者のみを労働者派遣の対象として行う労働者派遣事業。

常時雇用労働者とは
1.期間の定めなく雇用されている労働者
2.過去1年を超える期間について、引き続き雇用されている労働者
3.採用時から1年を超えて引き続き雇用されると見込まれる労働者

一般労働者派遣事業の許可・特定労働者派遣事業の届出は、事業主単位(会社単位)です。