監理技術者について

監理技術者は、特定建設業者が元請として発注者から直接請け負った工事の一部を下請業者に外注するとき、その総額が3,000万円以上となる場合(建築一式は4,500万円以上)に現場に配置しなければなりません。