建設業許可 経営事項審査 産廃許可専門 建設・産廃.COM 建設・産廃専門 行政書士阿部貢事務所

メニュー:産業廃棄物処理業許可...
[#]次へ
産業廃棄物処理業許可の種類について
(きずな社会保険労務士・行政書士事務所 at 12/11 02:13)

廃棄物処理法で、産業廃棄物処理業の許可は、産業廃棄物収集運搬業産業廃棄物処分業の2つに分類されます。

また、さらに詳しく分類すると産業廃棄物・特別管理産業廃棄物に区分され、収集運搬業の場合は積み換え・保管有りと無し、処分業の場合は中間処理業・最終処分業かで必要な許可の種類が変わります。



産業廃棄物収集運搬業許可の種類
(きずな社会保険労務士・行政書士事務所 at 12/11 21:58)

産業廃棄物収集運搬業許可の種類は次の2種類あります。

1 産業廃棄物収集運搬業(積替保管を含む・積替保管を含まない)
2 特別管理産業廃棄物収集運搬業(積替保管を含む・積替保管を含まない)



積替保管を含む・積替保管を含まないについて
(きずな社会保険労務士・行政書士事務所 at 12/11 22:12)

積替・保管を含まないについて

積替・保管を含まないとは、排出事業者の所から集めた廃棄物を、中間処理施設又は最終処分場先等に産業廃棄物を一度も下ろすことなく、直接運ばなければならない許可のことをいいます。

 

積替・保管を含むについて

積替・保管を含むとは、収集した廃棄物を積替・保管施設において積替え・保管し中間処理施設又は最終処分施設等に運ぶことのできる許可のことをいいます。
積替・保管を行うことにより、効率的な運搬ができるようになりますので、一定の敷地や車両を用意できる場合は、積替・保管を含む産業廃棄物収集運搬業の許可を取るほうがよいでしょう。

 

※最初は産業廃棄物収集運搬業(積替・保管を含まない)の許可で事業を始め、一定の準備ができたら産業廃棄物収集運搬業(積替・保管を含む)の許可に変更許可申請をすることも可能です。  



[#]次へ

▲上へ
建設・産廃専門 きずな社会保険労務士・行政書士事務所トップページ