建設業許可 経営事項審査 産廃許可専門 建設・産廃.COM 建設・産廃専門 行政書士阿部貢事務所

[*]前へ  [#]次へ

株式会社設立について
(きずな社会保険労務士・行政書士事務所 at 12/14 18:20)
以前までは株式会社を設立登記するためには、資本金1,000万円以上、役員3名以上などの厳格な制限があり、なかなか簡単には株式会社を設立登記する事ができませんでしたが、H18年5月の新会社法施行後は株式会社設立要件が緩和され以前に比べて比較的容易に株式会社を設立登記できるようになりました。

今現在は資本金1円・役員1名からでも、株式会社を設立できます。

しかし、株式会社設立時には諸費用や運転資金などまとまった資金が必要になりますので資本計画をよく考えて株式会社を設立しましょう。
また、新会社法施行後からは比較的容易に株式会社を設立できるようになったため、事業を行って行く上での取引先は資本金の額を重点的に着目するようになりましたので、会社設立後の信用・取引等を考慮すると業種によっても変わりますが株式会社設立時にはある程度の資本金をご用意される事を当事務所はお勧めしております。

また、法人設立形態にもさまざまあります。
株式会社を設立登記するには実費だけでも最低約24万程かかるので、費用にあまり余裕がない方は株式会社の設立ではなく会社設立費用が株式会社設立費用の約半額で設立できる合同会社を設立してある程度資金に余裕ができたら株式会への組織変更という選択肢もあります。

介護事業の指定を受けるための要件の一つとして法人格を要求されていますので介護事業を起業しようと思っている方で費用にあまり余裕がない方などには合同会社の設立をお勧め致しております。
[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
建設・産廃専門 きずな社会保険労務士・行政書士事務所トップページ