建設業許可 経営事項審査 産廃許可専門 建設・産廃.COM 建設・産廃専門 行政書士阿部貢事務所

[*]前へ  [#]次へ

産業廃棄物収集運搬業を行う場合の基準について
(きずな社会保険労務士・行政書士事務所 at 12/12 01:04)

産業廃棄物収集運搬の基準について
1 産業廃棄物が飛散し、流出しないようにすること
2 悪臭、騒音又は振動によって、生活環境の保全上、支障を生じないように必要な措置を講じること
3 収集運搬のための施設を設置する場合には、生活環境の保全上、支障を生じないように必要な措置を講じること
4 運搬車、運搬容器及び運搬用パイプラインは、産業廃棄物が飛散し、流出し、悪臭が漏れる恐れのないこと
5 運搬車の車体の外側に、産業廃棄物収集運搬車である旨を表示すること
6 運搬車に、産業廃棄物収集運搬業許可証の写し、その他所定の書類を備えておくこと



産業廃棄物の積替えを行う場合の基準
1 周囲に囲いが設けられてており、産業廃棄物の積替え場所であることの表示がされている場所においておこなうこと
2 積替えの場所から、産業廃棄物が流出、放出、地下浸透、悪臭がおこらないように必要な措置を講じること
3 積替えの場所には、ねずみ、はえ、蚊、その他の害虫が発生しないようにすること


 

産業廃棄物の保管を行う場合の基準
1 周囲に囲いが設けられていること
2 見やすい箇所に産業廃棄物の保管である旨の掲示板を設けること
3 保管の場所から、産業廃棄物が流出、放出、地下浸透、悪臭がおこらないように必要な措置を講じること
4 積替えの場所には、ねずみ、はえ、蚊、その他の害虫が発生しないようにすること
5 保管する産業廃棄物の数量が、保管場所における一日当たりの平均的な搬出量の一定以下であること


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
建設・産廃専門 きずな社会保険労務士・行政書士事務所トップページ