建設業許可 経営事項審査 産廃許可専門 建設・産廃.COM 建設・産廃専門 行政書士阿部貢事務所

[*]前へ  [#]次へ

あきらめていませんか?建設業許可を!!
(きずな社会保険労務士・行政書士事務所 at 12/07 19:02)

あきらめていませんか?

 

建設業許可を!!!

 

まずは建設業許可専門の当事務所にお気軽にご相談下さい!!

 

まずは当事務所の無料出張サービス(無料相談・無料許認可診断・無料見積)をご利用下さい!! 

 

最近、建設業者の社長さん達から元請会社や発注者から建設業許可取得の要請を受ける、建設業許可を持っていない業者は二次下請から外すと急に言われだしたなどのお話しをよくお聞きします。

または、入札に参加して公共工事を受注しようとするには、まずは建設業許可を先に取る必要があります。

 

建設業許可を取得するにはいくつもの条件があり、許可要件を全て満たさなければ建設業許可は取れません。

 

また、建設業許可を取るには実務経験期間などを書面で証明しなければなりませんのでいくら口頭で建設業の経営者としての経験がある、技術者としての経験があると言っても許可は下りません。

 

建設業許可を取るのに一番難しいのはこの実務経験期間を書面で証明することです。

 

許可証や資格などで証明できる場合はさほど難しくはありませんが、実務経験期間を工事契約書・注文書・請書などの書類で証明しようとする場合は大変です。

 

たとえば、専任技術者(取ろうとする建設業種にて技術者としての経験を満たしている者)の要件を実務経験10年で証明しようとする場合には10年分の工事契約書・注文書・請書などの書類が必要になります。

実務上では工事契約書・注文書・請書などの書類を10年分保存している会社はあまり見当たりません。

ただし、10年分の工事契約書・注文書・請書などの書類がない場合でも建設業許可を取得する方法はあります。

 

「自社は建設業許可を取れない」と勝手に決め込まず

 

あきらめないで!!!

 

まずは建設業許可専門の当事務所にお気軽にご相談下さい!!

 

まずは当事務所の無料出張サービス(無料相談・無料許認可診断・無料見積)をご利用下さい!!  

 

建設業許可を取る方法は建設業許可を取ろうとする会社の数だけあります。

 

当事務所は、建設業者さんの目線に立ち建設業者さんの一生懸命を全力でサポート致します!!

 

また、自社に建設業許可要件を満たす方がいない場合でもある程度の信頼関係を築けている方を新しく役員として迎え入れることによって建設業許可を取る方法もありますので

 

あきらめないで!!!

 

まずは建設業許可専門の当事務所にお気軽にご相談下さい!!


[*]前へ  [#]次へ

▲上へ
建設・産廃専門 きずな社会保険労務士・行政書士事務所トップページ