数十万円〜数千万円損をしない会社設立

大分県で会社設立する場合、

依頼する方を間違えれば数十万円〜数百万円損をする事があります。

 

社会保険労務士・行政書士である当事務所に

会社設立をご依頼した場合のメリットと致しましては



その1

お客様から会社設立(起業)のご依頼があった場合に、お話しを聞いて支給要件に該当した場合


数十万円〜数百万円


一切返済不要なお金が国から支給される手続き(助成金申請)を


社会保険労務士として申請し、行政書士として会社設立手続きをしますので


お客様は本来支給要件に該当しているのに

数十万円〜数百万円


一切返済不要なお金を

会社設立時に貰い損ねる事は



社会保険労務士・行政書士である当事務所なら



一切ありません。




その2

起業する場合や新しく人材を雇用する場合などに

数十万円〜数百万円


一切返済不要なお金が国から支給される手続き(助成金申請)は


例え支給要件に該当したとしても知らないと貰えませんし


手続きをしないと貰えません。


つまり


情報戦と言う事です。


社会保険労務士・行政書士である当事務所に会社設立をご依頼してくれたお客様には


新しく出来た助成金の情報をどんどん提供していきますので


ご安心下さい。



助成金(一切返済不要なお金)は起業や人材を雇用した場合だけではなく


業績が悪化して労働者を休業させる場合(中小企業緊急雇用安定助成金)


教育訓練に対して支給される物など

さまざまな助成金があります。


当事務所は社会保険労務士・行政書士事務所ですので


会社設立手続きだけをして


はい終わりって言うスタンスは取りませんし

安かろう悪かろうのスタンスも取りません。



むしろ安さの上に濃密なサービスを提供できます。



会社は作る事よりも運用の方が大事です。




その3

社会保険労務士・行政書士である当事務所に会社設立をご依頼してくれた場合には


ただ単に会社を作るだけではなく


設立後の労働・社会保険新規適用など


労働・社会保険手続きや給与計算など社会保険労務士として


一括してサポートできます。


また、一括してご依頼して頂いた場合には会社さんの情報一元化ができ


営業コストも下がりますので


それだけ料金を安く抑える事が


社会保険労務士・行政書士である当事務所なら出来ます。




その4

運送業許可(行政書士業務)、人材派遣業許可(社会保険労務士業務)などの許認可


許可を取得する要件として労働・社会保険に加入する事を要件としている許認可も


ありますのが


社会保険労務士・行政書士である当事務所なら



助成金、会社設立、許認可申請、労働・社会保険手続きまでを



サポートできます。




最後に


会社は作ることがゴールではありません。



1番重要なのは会社設立後です。


もっと厳密に言えば

会社設立(起業)は誰に依頼するかで



数十万円〜数百万円も



損をする事がありますし



その後の運用が全く異なります。




大分県で会社設立(起業)しようと思ったら


社会保険労務士・行政書士である当事務所にお気軽にご相談下さい!!!



会社設立前、会社設立、会社設立後の運用まで


社会保険労務士・行政書士としてサポートします!!!