大分市就業規則「社長を守る就業規則@」

社長を幸せにする社会保険労務士を目標に

10月より新たに社会保険労務士事務所を開設し


阿部貢行政書士・社会保険労務士事務所


に事務所名を変更致します!!!!



建設業許可・経審・建設工事入札・産業廃棄物収集運搬業許可なら


大分県内全域で建設業者様・産廃業者様を全力でサポートする

許認可・登録申請の身近な相談所

建設・産廃行政書士阿部貢事務所

(建設業許可・経審・入札・産廃許可専門の事務所)


建設業許可・経営事項審査・産業廃棄物収集運搬業許可に専門特化したホームページ
http://www.kensetsusanpai.com/

「大分 建設業許可、経営事項審査、入札参加資格審査、産業廃棄物収集運搬業許可」 


お問い合わせ 097-535-8814


営業日・営業時間 年中無休 9:30〜22:00まで


許認可・登録申請のことならお気軽に当事務所までご相談を!!!!






就業規則は何故必要なんでしょうか?


労働基準法第89条にこんな規定があります。


常時十人以上の労働者を使用する使用者は、


次に掲げる事項について就業規則を作成し、


行政官庁に届け出なければならない。


法律で定められているから法令を遵守するために作成しなければならない。


それもひとつの答えと思います。


以前まではその意識程度でよかったと思いますが


今では、その意識程度だけでは非常に危険です。


労働基準法第89条を反対解釈すると


常時10以上の労働者を雇用しない場合は


就業規則の作成・届出は義務ではないことになります。


ですが


果たして本当に不要なのでしょうか?


自分は常時10以上の労働者を雇用しない場合でも


就業規則の作成は必要。


作成するべきだと思います。


何故今、こんなにも労働紛争・労基署への申告が多いのでしょうか?


いくつか理由をあげると


経済情勢がかなり悪いから。


ネットでちょっちょっと調べれば色々な情報が出てくるから。


などなどありますが


自分が最も割合的に占めるのが多い理由は


終身雇用制度崩壊=仲間意識の崩壊


だと思います。


以前までは今よりももっとひどいこともありましたが


それでも今ほど労働紛争・労基署への申告は少なかったと思います。


その理由は


終身雇用制度=仲間意識


があったからと思います。


歴史を事例に挙げますが


何故あの頭がよく温厚な明智光秀が


織田信長に対して謀反を起こしたのかを考えれば


おのずとわかってきます。


定年まで働けない


いつ解雇されるかわからない


などの状態で仲間意識を高めるのは


かなり難しいことと思います。


話しがそれましたが


自分の中できちんとした就業規則を作成する目的は


1 従業員のモチベーションを上げるため


2 社長=会社を守るため


と思います。


きちんとした就業規則を作りそれを実態にあった運用をすることにより


従業員の方は


この会社はきちんとした会社と思うようにもなり


従業員の方のモチベーションが上がるきっかけにもなりますし


最も重要なことですが


社長=会社を守ることができます。


具体的に言えば


きちんとした就業規則を作りその中にちゃんと


懲戒規定を定めそれを公平に運用することによって


言い方がかなり悪くなりますが


社長が嫌いな従業員(問題社員)を合法的に解雇(クビ)できます。


話しがまたそれますが


全員が全員こう言う考えの方ばかりではありませんが


働かずして果実を得る=権利ばかり主張する


人がいるのも事実です。


例えば雇用保険をもらえる要件に該当するようになったら


会社を辞めて雇用保険をもらう


それを順繰り順繰りする方や


雇用保険を多くもらうための目的で職業訓練校に通う


それを順繰り順繰りする方や


今は雇用保険をもらうための要件が原則1年以上働かないと要件に


該当しなくなりました。


ただし


例外があります。


特定受給資格者と言うのがあるのですが


特定受給資格者に該当する場合は要件が緩和されるうえに


雇用保険が支給される日数が年齢により多くなります。


それを逆手に取る方もいます。


例えば


そこの会社が法令違反を犯している事実をつかみ


それを理由に退職する方や


会社側から解雇させるようにしむけるなど。


さらには


試用期間を逆手にとり


試用期間が終了して本採用時点で


本採用しないように仕向け


解雇されたことにより


解雇予告手当の未払いを労基署に申告する方など。


わかりやすく言えば


それで賃金を得ることを目的とした


労働部門のクレーマーです。


そう言う労働部門のクレーマーから


社長=会社を守る事ができるのが


きちんとした就業規則の作成であり


実態にあった運用です。


長くなりましたので


社長を守る就業規則はこの辺で。



つづく


 

(大分市鶴崎市民行政センター斜めまえ)

〒870-0102 大分県大分市北鶴崎2丁目711号 法務ビル204

許認可・登録申請の身近な相談所

建設・産廃行政書士阿部貢事務所


お問い合わせ先は 097-535-8814(ははいーよ)


総合サイト http://www3.ocn.ne.jp/~abe.m

「建設・産廃.COM」 http://www.kensetsusanpai.com/

「大分県の車庫証明・車名義変更・古物商許可.COM」

http://www.shako-meihen-kobutu.com/

Eメールはgyosei-abe.m-office@shore.ocn.ne.jp

営業時間・営業日年中無休・毎日PM 22時まで営業

メール相談は24時間受付



【取扱業務】
建設関連業務

建設業許可(新規・更新・業種追加・変更)、経営事項審査(経審)、経審シュミレーション、建設工事入札参加資格審査(指名願)、宅建業(不動産業)免許登録(新規・更新・変更)、解体工事業登録、建築士事務所登録


産業廃棄物関連業務

産業廃棄物収集運搬業許可(新規・更新・変更)、産業廃棄物中間処理業許可(新規・更新・変更)、一般廃棄物収集運搬業許可(新規・更新・変更)


運輸関連業務

一般貨物自動車運送事業許可(トラック運送業)、一般貨物自動車運送事業の事業計画変更認可申請、第一種貨物利用運送事業登録(貨物取扱業)、貨物軽自動車運送事業経営届出、一般乗用旅客自動車運送事業(介護タクシー「4条許可」)、自家用自動車有償貸渡許可(レンタカー営業)、自動車運転代行業認定申請(代行運転開業)


法人設立関連業務

株式会社設立、合同会社設立、有限会社から株式会社への変更、定款変更、議事録作成、電子定款作成、電子定款認証


自動車関連業務

車庫証明、自動車・バイクの名義変更(移転登録)、古物営業許可


サービス対応地域(大分県内全域)


大分市、由布市、別府市、速見郡日出町、杵築市、国東市、豊後高田市、宇佐市、中津市、玖珠郡玖珠町、九重町、日田市、竹田市、豊後大野市、佐伯市、津久見市、臼杵市


会社設立(株式会社設立・合同会社設立)9,800円〜、車庫証明6,300円〜、産業廃棄物収集運搬業許可(全国対応)


北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄